地域包括支援センターについて

泉大津市地域包括支援センターとは?

高齢者の方が住みなれた地域で、その人らしい生活を送るために、介護サービスをはじめ、福祉、保健、権利擁護などさまざまなサービスを提供し、高齢者の生活を支えるところです。
地域包括支援センターでは、主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師などが中心となって、高齢者の皆さんの身近な相談窓口として支援を行います。
高齢者やその家族の方で、介護などでお困りのときには、地域包括支援センターをご利用ください。福祉の専門スタッフが、窓口、電話で相談に応じます。

どんなことをしているの?

介護予防マネジメント

要支援、要介護になるおそれのある人に、予防マネジメントを行います。
また、ケアプランに基づき、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上などのサービスの調整を行います。
要支援1・2の人に一人ひとりに合わせた、予防マネジメントを行います。

原案受託居宅介護支援事業所DLページ>>

権利擁護事業

高齢者が安心して暮らせるよう、高齢者やその家族からの権利擁護に関する相談対応や、成年後見制度の紹介を行います。

総合的な相談

高齢者やその家族、近隣に暮らす人の介護に関する悩みや相談に対応します。介護に関する相談、心配ごと、生活に関することなど何でも相談下さい。

包括的・継続的なケアマネジメント支援

地域のケアマネジャーへの助言や支援を行っています。また、高齢者にとってより暮らしやすい地域にするため、さまざまな関係機関とのネットワーク作りを行います。

  • 地域包括・居宅介護支援事業所との情報交換会
    居宅介護支援事業との連携を図るため、定期的に情報交換会を実施しています。詳しくは情報交換会のページ
  • 地域包括・通所型サービス事業所との情報交換会
    通所型サービス事業所との連携を図るため、定期的に情報交換会を実施しています。
  • 地域包括・訪問型サービス事業所との情報交換会
    訪問型サービス事業所との連携を図るため、定期的に情報交換会を実施しています。

認知症総合支援事業

認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、認知症の正しい理解の普及、早期診断・早期対応の支援、本人及び家族への支援等に取り組んでいます。詳しくは各ページでご確認ください。

在宅医療・介護連携推進事業

医療・介護の専門職、関係機関とともに、医療と介護の両方を必要とする高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることができる体制づくりに取り組んでいます。

  • 在宅医療・介護連携コーディネーターの配置
    地域住民からの医療や介護に関する相談や、地域の医療・介護の関係機関からの連携に関する相談を受けています。(チラシ)。

生活支援体制整備事業

支援を必要とする要支援高齢者が増加する中、医療・介護サービスのみならず、身近な地域で、多様な主体による生活支援サービスの体制づくりを目指して活動しています。

  • 生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置
    高齢者のニーズとボランティアなどの地域資源とマッチングさせることで、介護予防・生活支援の充実を図ることを目的に活動を行っています。

包括ケア会議(地域ケア会議)

認知症、高齢者虐待、自立支援・重度化防止に向けたケアマネジメントなど、地域の多様な関係機関が抱える課題について検討し、解決の糸口を探っていきます。

  • 包括ケア会議(地域ケア会議)の開催
    介護予防・生活支援の観点から、要介護となる高齢者を対象に効果的な予防サービスの総合調整を行います。
    また、地域の“いきいきネット相談支援センター”と連携を図ります。

その他の活動

  • 広報活動
    「包括だより」を年4回発行。 最新号はこちら>>
  • 要支援高齢者のケアニーズ調査
    要支援高齢者の暮らしやすさを考えることを目的に、平成26年10月~平成27年1月にかけて、泉大津市地域包括支援センターと大阪市立大学医学部看護学科が協働で聞き取り調査を実施。
    調査結果の概要>>

利用について

電話・当事者宅への訪問・お越しいただいての相談ができます。

相談時間

月~金曜日の午前8時45分~午後5時15分【祝日及び年末年始は除く】

費用

無料

お問い合わせ・所在地

泉大津市地域包括支援センター
(社会福祉法人 泉大津市社会福祉協議会)
〒595-0026 泉大津市東雲町9-54(市役所東側・ベルセンター内)
TEL 21-0294 / FAX 21-8294