認知症総合支援事業(地域包括支援センター)

認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、認知症の正しい理解の普及、早期診断・早期対応の支援、本人及び家族への支援等に取り組んでいます。

認知症初期集中支援チームとは

医療・介護専門職、認知症サポート医からなるチーム員が家族等からの相談により、ご自宅で生活されている認知症が疑われる人や認知症の人を訪問し、医療や介護など、その人に応じた支援を行います。(チラシ

認知症サポーター講座とは

講師役である「キャラバン・メイト」を無料派遣し、地域や職域団体等を対象に、認知症の正しい知識や、接するときの心構えなどをお伝えする講座を「認知症サポーター講座」と呼びます。
認知症サポーター講座は、自治体や職域団体・企業、自治会等と「キャラバン・メイト」の協働で行われ、講座を受講した人が、「認知症サポーター」となります。
認知症サポーターの育成は、厚生労働省が実施する「認知症サポーター100万人キャラバン」における主な取り組みであり、これにより、「認知症になっても安心して暮らせるまち」の実現を目指しています。

認知症サポーターキャラバンロゴ

認知症サポーターの役割

認知症サポーターは「なにか」特別なことをやる人ではありません。
講座を通じて認知症についての正しい知識を習得し、自分のできる範囲で認知症の人や家族を応援するのが認知症サポーターです。
たとえば、家族や知人に講座で学んだ知識を伝えていくことや、認知症の人の家族の気持ちを理解するよう努める、といったことも、サポーターにできる支援のひとつです。

なお、講座を修了すると、認知症を支援するサポーターの「目印」として、オレンジリングをお渡しします。

オレンジカード

認知症サポーター講座の開催を考えている団体や企業の方へ

職域団体、市内に在住・在勤・在学されている方の任意の集まりで、1回の講座に10名以上の受講者を確保できる場合、講座の講師(キャラバンメイト)を派遣します。(無料)
申し込みの流れは、認知症サポーター講座チラシを確認してください。

認知症サポーター講座受講者数

認知症サポーター数 9,944人 (令和3年3月31日現在)

認知症サポーター講座は、平成22年度から取組み、ご近所や友達といった有志の集まりや、自治会、コンビニ、だんじり関係団体、地域諸団体、小学校、中学校、PTAなどから申し込みを受けて実施しています。

認知症サポーター講座受講風景写真
認知症サポーター講座受講風景写真
認知症サポーター講座受講風景写真
 

認知症カフェ支援

認知症の人、家族、医療や介護の専門職、地域の人など、誰もが気軽に集えて、居場所となる「認知症カフェ」の開催を支援しています。

認知症カフェの特徴

認知症の人やその家族、支援者や地域の人が

  • 誰でも気軽に参加できる
  • 専門職への相談などができる

認知症の人にとって

  • 自分が行きたいときに行ける
  • 受け身で用意されたプラグラムをこなすのではなく、他の参加者と同じ立場で参加し、好きな事をしながら自分の役割や居場所を見出し、自分らしく過ごすことができる
  • 参加をきっかけとして専門的な支援につながっていく

家族にとって

  • 悩みを打ち明けたり、専門職からの助言を受けたりできる
  • 認知症の人が生き生きとしている姿をみたり、第三者が間に入ったりすることにより、本人と家族の間に変化が生まれることもある

認知症の人やその家族にとって

  • 社会とつながりをもち、自分たちの思いを発信できる場
  • 地域の人の認知症への理解を深め、支援の輪を広げているきっかけになる

市内の認知症カフェ

認知症カフェは、場所によって内容もさまざまです。住み慣れた地域に暮らすいろんな人との出会いのきっかけになれば幸いです。どなたでもお気軽にお越しください。(市内の認知症カフェ チラシ

いずみおおつオレンジ手帳(認知症ケアパス)の発行

認知症と診断された当事者や家族が、相談窓口や医療・介護のサービス、地域の社会資源を知ることができるように、そして周囲の人が認知症についての理解を深め、偏見や誤解をなくすために、「いずみおおつオレンジ手帳(PDF)」を作成しました。