ようこそ 社会福祉法人 泉大津市社会福祉協議会(社協)のホームページへ

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

泉大津社会福祉協議会

お電話でのお問い合わせ 0725-23-1393

泉大津市東雲町9-15 市立総合福祉センター内

本文のエリアです。

学びたい

認知症サポーター養成講座受講生を募集します。

認知症サポーター養成講座 ~広がれオレンジリングの輪(認知症の正しい理解)~

と き  平成30年12月20日(木)13:30~15:00〔開場13:00〕
ところ  市立高齢者保健・福祉支援センター2階研修室 (ベルセンター)
対 象  泉大津市内在住・在勤で、これまでに本講座を受講したことのない方
定 員  30名(申し込み先着順)
内 容  チラシ参照(PDF)
申込方法
平成30年12月10日(月)から泉大津市地域包括支援センターの窓口または電話にてお申し込みを受け付けます。(電話番号0725-21-0294)

 

 地域包括支援センターのページへ

 
 
 認知症サポーター養成講座の開催を希望する方はこちらをご覧ください。
 
 

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

 

 

 

 

 

 

地域ささえあいフォーラム「住みたい街を自分たちの手でつくる」を開催します

地域ささえあいフォーラム「住みたい街を自分たちの手でつくる」

 大阪のおばちゃんと聞いて、皆さんは、どんなイメージがありますか?
ヒョウ柄?飴ちゃん??・・・実は大阪のおばちゃんは○○のスペシャリストです。
大阪のおばちゃんモデルから考える、泉大津市ならではのまちづくりについて、これからの生活に役立つお話や、楽しみながら活動しているふれあい喫茶について、創設者と福祉職の両者から報告があります。
本フォーラムに参加して、住みたい街を自分たちの手でつくるはじめの一歩にしませんか?
詳しくはチラシをご覧ください。

日時
 平成30年11月18日(日) 13:30~15:15【 開場13:00 】 

会場
 テクスピア大阪 小ホール
   〒595-0025 泉大津市旭町22-45

対象
 泉大津市内に在住または在勤の人

定員
 150名(先着順)

内容
 講演「大阪のおばちゃんモデルから考える泉大津のまちづくり」
  講師:(株)メディサイト 代表取締役 松村 眞吾 氏
 活動報告「笑顔あふれるモーニング ~東港町ふれあい喫茶の活動~」
  発言者:池田 正義 氏(東港町住民)・富永 勝子 氏(戎地区福祉委員・介護支援専門員)

申込 

 平成30年10月22日(月)から泉大津市地域包括支援センターへ来所または電話、FAX、メールでお申し込みください。FAXはチラシ裏面申込書をご利用ください。メールでお申し込みされる方は、申込書に記載の内容を送信してください。

 

 

 

 地域包括支援センターのページへ

 

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

 

 

 

生活支援隊 家事エンジャー養成研修会

家事エンジャーとは?

介護保険法の改正により、泉大津市では平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)へ移行しました。

 要支援1・2の認定を受けている方への介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)と介護予防通所介護(デイサービス)は、全国一律の基準によりサービス提供が行われていましたが、泉大津市の総合事業では、新たな担い手によるサービス「訪問型サービスA」を実施しています。

 「訪問型サービスA」とは、介護保険制度のもと、高齢者等の自宅に訪問し自力では困難な家事を支援するサービスです。家事の内容は、利用者によって異なりますが、掃除・洗濯・買い物・調理といった一般的な家事になります。

 これまでの介護保険制度ではホームヘルパー(訪問介護員)が家事の部分も担っていましたが、泉大津市では、一定の研修を受けた新たな担い手「家事エンジャー」がその家事の部分を提供できるようになりました。

 そこで「家事エンジャー」となるための養成研修会を実施しています!12時間(2~3日間)の講義形式の研修になっており、この研修を修了すると、泉大津市独自の正式な資格が得られ、泉大津市内で訪問型サービスAを実施する事業所に採用されると、家事エンジャーとして働くことができます。 

家事エンジャー マスコットキャラクター

左から順に
エンジャーイエロー(買い物担当)、
エンジャーブルー(調理担当)、
エンジャーレッド(掃除担当)、
エンジャーピンク(洗濯担当)、
エンジャーグリーン(ベットメイク担当)
が泉大津市の新たな担い手の啓発を行っています。

 

家事エンジャー養成研修会 受講生の感想 ~ アンケートからの声 ~ 

・(家事エンジャーとして)短時間勤務で働いています。子どもがいるので助かります。(30歳代・女性)
・新しい知識を学ぶことが出来ました。これからの生活に役立てたいと思います。(60歳代・男性)
・年齢を重ねても、必要とされていることがわかり、嬉しく感じました。(60歳代女性)
・研修会をきっかけに友達が出来ました。(30歳代・女性)
・研修終了後に就職のサポート(就職情報フォーラム)をしてくれたので助かった。(40歳代・女性)
・認知症にならないための介護予防の知識が深まりました。(60歳代・女性)
・なんとなくでしかわかっていなかった「老化」について理解できました。(50歳代・女性)

 

家事エンジャー養成研修会 受講生募集! 

☆以前福祉の仕事をしていたけど、ブランクがあって不安な方
☆子育てが落ち着き、空いた時間に何かを始めてみようと思っている方
☆介護の知識をつけて家事援助のお仕事をしてみようと興味のある方など
まずは養成研修会を受講してみませんか?知識を得るだけではなく、人との出会いや活躍の場が広がるかも!!

開催日時
 第8回 平成30年12月17日(月)・12月18日(火) 
        一日目10:00~17:00 二日目10:00~16:45まで 【 開場9:40 】

 第9回 平成31年2月21日(木)・2月28日(木)・3月7日(木)
        各日 10:00~15:00【 開場9:40 】

会場 会場が異なりますのでご注意ください
 第8回 ハローワーク泉大湯(テクスピア大阪内)
       〒595-0025 泉大津市旭町22-45

 第9回 泉大津市立高齢者保健・福祉支援センター 2階研修室 (ベルセンター)
       〒595-0026 泉大津市東雲町9-54

受講料
 無料

対 象
 泉大津市内の介護事業所(訪問型サービスA)で家事エンジャーとして働きたい人
 ただし、過去の家事エンジャー養成研修会修了者は申込できません。

※次の資格をお持ちの場合は、本研修を受講せずとも訪問型サービスA従事者として働くことができます。(本研修の受講は可能です)

介護福祉士、実務者研修修了者、介護職員初任者研修課程修了者、看護師、准看護師、
ホームヘルパー1・2・3級

定 員
 第8回 60名(先着順) ※最低履行人数あり

 第9回 40名(先着順) ※最低履行人数あり

申込・問合せ
【申込方法】
 FAX・郵送・電話・メール・窓口で受付します。
下記の家事エンジャー養成研修受講生募集チラシの裏面にある申込書に必要事項を記載し、以下の締切日までにお申込みください。
また、お電話またはメールでお申込みいただく際は申込書の内容をお知らせください。

生活支援隊 家事エンジャー養成研修会 受講生募集チラシ(PDF:362KB)

※後日、受講決定後、受講案内・カリキュラム等を送付いたします。

【申込締切】
<第8回>平成30年12月10日(月)必着

<第9回>平成31年2月12日(火)必着

【申込・問合せ先】
泉大津市地域包括支援センター(社会福祉協議会)
住所:〒595-0026 泉大津市東雲町9-54(ベルセンター内)
TEL:0725-21-0294  FAX:0725-21-8294
メールアドレス: .
【TEL・窓口受付時間】平日8:45~17:15  【FAX・メール受付時間】24時間

※この研修は、泉大津市から社会福祉法人泉大津市社会福祉協議会が受託し、実施するものです。

 

 

就職情報フォーラムを同日開催!

泉大津市内の家事エンジャーを雇用している介護事業所が相談ブースを構え、直接担当者と話しができます。

と き 平成30年12月18日(火)16:45~17:15
ところ ハローワーク泉大津 会議室(テクスピア大阪内)
対象者

家事エンジャー養成研修修了者(過去の受講修了者を含む)、介護福祉士、

実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者、看護師、准看護師、

ホームヘルパー1級・2級・3級所持者

参加費用 無料
申込み 事前申し込みは不要。当日会場にお越しください。

※第8回家事エンジャー養成研修会が延期または中止となった場合は、開催を中止します。
 同フォーラムが中止となった場合は、本ページにてお知らせします。

 

 

 

 地域包括支援センターのページへ

 

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

 

 

 

 

 

 

市民公開講座(フォーラム・連続講座)を開催します

在宅医療・介護をテーマに平成30年度市民公開講座を開催します。

 長寿社会を迎え、家で療養しながらの生活も珍しいことではなくなっています。そして誰しもに訪れる「死」も、いつなのかを知ることは難しいことです。「在宅医療」「介護保険」などの現状を学び、自分らしい生き方や療養生活、最期の迎え方、準備しておくべきことなどを考えてみましょう。
在宅医療フォーラム 「えっ、死ぬまで家におれんの?」~自宅療養を考える~
連続講座 「住み慣れた地域で最期まで」を支える在宅医療・介護の基本
の二つの講座を開催します。

 

 

在宅医療フォーラム「えっ、死ぬまで家におれんの?」~自宅療養を考える~

 自分や家族が、住み慣れた家で療養することや、最期を迎えることについて考えるための情報として、在宅における薬剤師の活動や、在宅医療をチームで支えている実践について報告します。
詳しくはチラシをご覧ください。

日時
 平成30年9月2日(日) 13:30~15:30【 開場13:00 】 受付終了しました

会場
 テクスピア大阪 小ホール
   〒595-0025 泉大津市旭町22-45

対象
 泉大津市・忠岡町に在住または在勤の人

定員
 150名(先着順)

内容
 講演「在宅療養を支える薬剤師さん」
  講師:兵庫医療大学 薬学部医療薬学科 准教授  桂木 聡子 氏
 リレートーク「チームで支える在宅医療」
  座 長:泉大津市在宅医療・介護連携コーディネーター 城家 優子 氏
       忠岡町在宅医療・介護連携コーディネーター 田中 千尋 氏
  発言者:長野クリニック 長野 正広 氏
       ふちゅう訪問看護ステーション 津塩 昌子 氏
       サンヨウ薬局 藤原 謙一 氏

申込 
 平成30年8月13日(月)から泉大津市地域包括支援センターへ来所または電話(21 – 0294)でお申し込みください。

 

 

連続講座
「住み慣れた地域で最期まで」 を支える在宅医療・介護の基本

 長寿社会を迎え、家で療養しながらの生活は珍しいことではなくなっています。 いざという時に不安をいだかなくてもいいように「在宅医療」「介護保険」などの現状を学び、 自分にふさわしい生き方や最期の迎え方、準備しておくべきことなどを考えてみましょう。
詳しくはチラシをご覧ください。

日時
 平成30年9月19日(水)~10月24日(水) 毎週水曜日(全6回) 受付終了しました
  13:30~15:00【 開場13:00 】

会場
 テクスピア大阪 301会議室
   〒595-0025 泉大津市旭町22-45

対象
 泉大津市・忠岡町に在住または在勤の人
 ※原則全6回参加できる人で、初めて受講される方を優先に受付します。

定員
 50名(先着順)

内容

1日目 9月19日(水) あなたが主役!医療や介護を上手に受けるための心がまえを学ぼう
2日目 9月26日(水) 在宅医療と入院医療の基本と実際
3日目 10月3日(水) 高齢者のお口の健康とお薬について
4日目 10月10日(水) 高齢者の訪問看護とリハビリテーションについて
5日目 10月17日(水) 知っておきたい介護保険~備えあれば憂いなし~
6日目 10月24日(水) 住み慣れた地域で最期までを支える多様な住まいについて

申込
 平成30年8月22日(水)から泉大津市地域包括支援センターへ来所または電話(21 – 0294)でお申し込みください。

 

 

 地域包括支援センターのページへ

 

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症フォーラム2018「本人の声を届けたい」を開催します

終了しました

認知症フォーラム 2018 本人の声を届けたい

  「認知症という病気を理解し、認知症の人の気持ちに寄り添うことが大切」というけれど、認知症の人はどんな気持ちで暮らしているのでしょう?今回は泉大津市で初めて、ご本人たちにお話をうかがう機会をつくりました。皆さんが自分事として認知症や認知症の人にやさしい地域について考えるきっかけにしてください。(チラシPDF)

とき / 平成30年7月29日(日) 午後2時~4時〔開場:午後1時15分〕

ところ / テクスピア大阪 テクスピアホール(多目的ホール)
       〔泉大津市旭町22-45〕

参加費 / 無料

定員 / 500名(申し込み先着順)

対象者 / 泉大津市内に在住または在勤の人

内容 

 

 

 

 

 

講演

○認知症を知ろう
  川端 徹 氏(川端医院 医師)

○本人・家族のつどいの場・岸和田市「やんちゃ倶楽部」の取り組み
   琴 真弓 氏(やんちゃ倶楽部 管理者)

○本人の声を届けたい ~ご本人の想いを聴こう~
  出演:やんちゃ倶楽部利用者2名 他

               

申込 ・問合せ先/ 参加には事前申し込みが必要です。
平成30年7月10日(火)から泉大津市地域包括支援センターへ電話または窓口にてお申し込みください。
 泉大津市地域包括支援センター 
  住所:泉大津市東雲町9-54(ベルセンター内)
  電話番号:0725-21-0294

 

 

地域包括支援センターのページへ

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

認知症サポーター養成講座の受講者を募集します

受付終了しました

認知症サポーター養成講座 ~広がれオレンジリングの輪(認知症の正しい理解)~

と き  平成30年6月26日(火)13:30~15:00〔開場13:00〕
ところ  市立高齢者保健・福祉支援センター2階研修室 (ベルセンター)
対 象  泉大津市内在住・在勤で、これまでに本講座を受講したことのない方
定 員  30名(申し込み先着順)
内 容  チラシ参照(PDF)
申込方法
平成30年6月11日(月)から泉大津市地域包括支援センターの窓口または電話にてお申し込みを受け付けます。(電話番号0725-21-0294)

 

 地域包括支援センターのページへ

 
 
 認知症サポーター養成講座の開催を希望する方はこちらをご覧ください。
 
 

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

 

 

 

 

羽衣国際大学と泉大津市との三者による包括連携協定を結ぶ

 3月28日、本社協は、羽衣国際大学と泉大津市による三者間の包括連携協定を締結しました。

今回の協定締結により、4月からアクティブシニアボランティア養成事業をスタートし、元気な市民の方々の地域活動につながるよう取り組んで参ります。
 

※アクティブシニアボランティア養成事業とは、本協議会と包括協定等を締結する大学が主催する講座を受講した市民に対し、その受講料等を予算の範囲内において助成し、シニア世代に学習機会を提供することで学習意欲の向上と地域活動やボランティア活動につながる知識や技術の習得、新たな人生への生きがいづくりを目的とします。

 

左から社会福祉協議会 千百松 茅子会長、泉大津市長 南出 賢一 様 、羽衣国際大学 学長 岸本 幸臣 様

アクティブシニアボランティア養成事業のご案内(受付は終了しました)

アクティブシニアボランティア養成事業とは?

 社協では、地域活動やボランティア活動につながる知識や技術の習得を社協が連携協定している大学が開催する講座で学習する機会をシニア世代へ提供し、学んだことを地域で活用していただき、生きがいづくりとなることを目的として、アクティブシニア養成事業対象講座に受講する人へ受講料等の一部を助成します。
(泉大津市役所企画調整課が実施していたシニア・ラーニングアップ事業とは異なる事業です。)
 この事業の実施に当たっては、市民の皆様から寄せられた寄付金(善意銀行)を活用しています。善意銀行へご寄付を希望される方は、こちらをご覧ください。

 

アクティブシニアボランティア養成事業(前期分)の 申請を受け付けます! 

前期受講分の助成申請の受付を行います。

申込要件 

 次のすべての要件を満たす方が対象となります

  1. 泉大津市内に住民登録をされている平成30年4月1日現在で60歳を迎えられている方。
  2. 本協議会ボランティアセンターにボランティア登録をされている方。申請時に登録することは可能です。(ボランティア保険への加入費用は年度で300円です)
  3. 市立総合福祉センターが実施する「いきいき大学(旧高齢者大学)」に年1回以上ご協力いただける方。※いきいき大学カリキュラム構成会議への参画及び助成対象講座受講後の成果・感想等(20分程度)を「いきいき大学」で発表していただきます。

 

助成対象講座及び定員

 
対象講座 定員(前期) 定員(後期)

1.羽衣国際大学授業公開講座

2.羽衣国際大学社会人講座

10名 10名

3.桃山学院大学社会人聴講生制度
4.桃山学院大学履修証明プログラム

  (学部開設プログラム)

10名 10名

※申込者が定員を超えた場合は、抽選となります。

 

 

助成対象費用
 受講料、資料代、テキスト代の合計の半額(上限は5,000円で、1,000円未満は切り捨て)

 ※複数の講座を受講する場合でも、助成対象となるのは年度1講座のみです。
   また、出席回数が3分の2に満たない場合は、助成金を支給しません。

 

申込及び申請方法(前期分)
 申込期間:平成30年4月2日(月)~4月27日(金)までの午前9時~午後5時まで(但し、土日祝祭日は除く)に社会福祉協議会地域総務課窓口にて申し込みをしてください。申込者が定員を超えた場合は、5月1日(火)午前10時より公開抽選を行います。結果については、当日午後2時より1階ロビーにて抽選番号のみ掲示いたします。また、申込者全員に公開抽選の有無に関わらず、ハガキで申込結果をご通知いたします。なお、お電話でのお問合せはご遠慮ください。受講決定者となられた場合には、各大学へ対象講座の受講申し込みをしてから、印鑑を持参し、社会福祉協議会地域総務課窓口にて申請手続きをしてください。

※後期分の申請等については、詳細が決まり次第ホームページにてお知らせします。

 

問合せ先

泉大津市社会福祉協議会 地域総務課 アクティブシニアボランティア養成事業担当
住所:〒595-0026 泉大津市東雲町9-15(総合福祉センター内)
TEL:0725-23-1393  FAX:0725-23-1394
【受付時間】平日8:45~17:15 

・講座内容については、各校へお問い合わせください。
 羽衣国際大学 072-265-7000
 桃山学院大学 エクステンションセンター 0725-54-3131(代)

認知症サポーター講座

認知症サポーター講座とは

認知症サポーターの役割

 

認知症サポーター講座の開催を考えている団体や企業の方へ

 

認知症サポーター講座受講者数

 
 

お問い合わせ

 

泉大津市地域包括支援センター                  

電話番号 21-0294

 

ボランティアサロン「ハートちゃん」のご案内

ボランティアサロン「ハートちゃん」ってどんなところ?

 ボランティアサロン「ハートちゃん」は、ボランティアに興味のある方や、現在ボランティア活動をされている方などが気軽に集い交流する場です。活動が初めての方も、活動経験の豊富なボランティアからボランティア生の声』を聴いていただくことができます。また、ボランティアコーディネーターが常駐していますので、「ボランティアってどんなことをするのかな?」というご相談はもちろん、活動していく中で「もっと活動の幅を広げたいけど・・・」「他の活動をしているボランティアと交流したい!」など、ボランティア活動に関する様々なご相談をお受けいたします。

  • 開催日時  毎月第4週目の火曜日 13:30~16:00
  • 場  所  泉大津市立総合福祉センター4階ボランティアルーム
  • 参加費用  無料

 ※予約・申し込みなどは要りませんのでお気軽にお越しください。


【お問合せ先】

泉大津市社会福祉協議会 ボランティアセンター

〒595-0026
泉大津市東雲町9-15 泉大津市立総合福祉センター内
電話 0725-23-1393  /  FAX 0725-23-1394
E-mail vc@syakyou.or.jp

相談時間 平日の午前9時~午後5時15分まで
(土日祝日及び年末年始は休み)

お問い合せ

社会福祉法人 泉大津市社会福祉協議会(地域総務課)
住所 泉大津市東雲町9-15(市立総合福祉センター内)
電話 0725-23-1393 / FAX 0725-23-1394

ページトップへ戻る